血液検査キットとは

MENU

血液検査キットとはどういうものなの?

血液検査キットとは、通常病院で行われる病気の諸検査を自宅にいながら受けることのできる簡易採血キットのことです。

 

いつでもどこでも採血を行うことができ、忙しく健康診断に行く暇がないという方や、企業や学校に属しておらず中々健康診断の機会がない自営業の方などから人気を集めています。糖尿病や生活習慣病をはじめ、ガンの検査も行うことができるため、健康志向の中高年の方々からも高い支持を受けています。

 

自分で採血、専門機関へ返送

血液検査のポイント

血液検査キットでは自分で採血を行います。ご自宅や会社など、いつでもどこでも好きな時に採血を行うことができますが、自分で採血をするというと少し不安に思う方も多いのではないでしょうか。

 

血液検査キットの採決は通常病院で行われているような注射を用いた採血とは異なるため、初心者でも安心して使用することができます。

 

実際に医療資格や特別な経験のない方々でも、ご自分で検査キットを用いて普段の健康管理に役立てています。
採血する血液量も通常の検査に比べごく少量で済みますので、血が苦手方や、血の扱いに不安を覚えるという方でも安心です。






精度と信頼性

血液検査で早めの対処を

自宅で行う血液検査というと、その精度や信頼性が気になるところですよね。

 

血液に含まれる健康状態や病気のデータ精度は、血液の血漿分離が素早く行われるかどうかに左右されます。通常の血液検査では、採血を行った血を遠心分離機という高速回転する機会で分離を行っていきます。ご自宅ではその処理を行うことができない上、検査機関への返送の過程でデータが壊れてしまわないか心配になる方も多いようです。

 

しかし、家庭用血液検査キットではそういった諸問題を解決するため、ごく簡単なステップで、ご自分で血漿分離を行うことができるような設計になっています。また、血液が途中でもれたり、安定性を欠くような事態を防ぐためにしっかりとした密封設計がとられています。また、採血した血液の扱いには細心の注意を払う必要があるとはいえ、特別な技術や手順は必要ありません。この微量採血、即時分離そのものが血液データの安定性を確かなものにする働きをしているため、「採血なんてしたことがない」という方でも血液の扱いに困ってしまうことを防いでくれています。

 

また、検査には通常の血液検査と同様、信頼性の高い検査機器が用いられます。もちろん検査自体も専門機関の検査員が行いますので、病院での血液検査となんら変わらない検査精度が保証されています。