癌腫瘍マーカーの特徴

MENU

がん(腫瘍)マーカーとは?

 

癌腫瘍マーカーとはがん(腫瘍)は遺伝子が損傷したり異常をきたしたりすることで、体の細胞が侵食されていく病気なのですが、がんの研究によりがん細胞が通常の細胞とは異なる様々な働きをすることが分かりました。

 

がん細胞は正常な細胞と比べ、より多くの糖質を消費します。そのためがんに罹ると急激に体重が減少するという方も少なくありません。また、がんにも胃がんや肺がんなど様々な種類がありますが、このがんに侵されている部位(がんの種類)ごとにホルモンの分泌成分にも異なる影響をもたらすことが分かっています。
がん(腫瘍)マーカーでは、こうしたがんの種類ごとに分泌される成分を検査することで、がんに罹っていないかどうか、そしてがんの種類を特定することのできる検査です。

 

このがんの種類の特定が可能な血液中の成分が「がん(腫瘍)マーカー」と呼ばれている物質です。がん(腫瘍)マーカーは正常な細胞からはほぼ分泌されないため、こうした成分の検査結果でがんの有無を暫定的に検査することができます。

 

暫定的というのは、あくまでがん(腫瘍)マーカーががん細胞から分泌されることの多い成分というだけで、その他の病気にかかっていても検査結果に反映されることがあるかたです。そのためがん(腫瘍)マーカーで検査結果に異常値が認められたからといってすぐにがんだと断定することができません。
こうした検査結果に加え、医師の診断や血液検査以外の臨床検査によって総合的に判断される必要があります。そのためがん(腫瘍)マーカー検査で異常値が出たからといって慌てず、速やかに病院を受診するようにしましょう。

 






がん(腫瘍)マーカー検査で分かるがん(腫瘍)

大腸がん検査キットの中身

がん(腫瘍)マーカー検査では食道がん、肺がん、乳がん、すい臓がん、胃がん、子宮がん、大腸がんといった代表的ながんはすべて検査することができます。その他、卵巣がんや前立腺がんなど、女性男性それぞれに特有のがんを調べることのできる検査キットも市販されています。

 

男性と女性ではかかりやすいがんの種類にも違いがあるとされているため、やはり性別別に用意されている検査キットを用いるのが良いでしょう。性別別のがん(腫瘍)マーカー検査キットでは、性差のあるがんに加えて胃がん等の代表的ながんもしっかりと検査することができるため安心です。
具体的には男性は肝臓がんや消化器系がん、女性はすい臓がんにかかりやすいとされています。