血液検査キットのメリットとデメリットは?

MENU

血液検査キットのメリットとデメリット

血液検査キットのメリット

血液検査キットのメリット

血液検査キットを用いるメリットは、なんといっても採血から検査結果を受け取るまでがすべて自宅にいながら済むことです。健康診断や人間ドッグは半日以上時間がかかることも多く、なかなか病院に行く時間がとれないという方にとっては病気のリスクを回避したり、普段の健康維持に役立てることができます。

専業主婦の方、自営業の方など定期的に健診を受ける機会の少ない方にとっては、自分の健康状態に関心を持つきっかけにもなります。そうした方々の中には「最後に健康診断を受けたのは数年前・・・」という方もいるため、手軽に検査のできる血液検査キットであれば一定の周期で苦なく検査を受け続けることができます。また、血液検査キットは病院がご自宅から遠い場所にあったり、自分で通うことが困難な方の健康チェックにも役立てることができます。

 

また、血液検査キットは自宅にいながら検査を受けることができるため、誰にも知られずに各種の検査を受けることができます。HIVやがん検診など、病気の種類によってはご近所の方やお友達に検査を受けているのを知られたくないという方もいますよね。検査キットは採血した血液を返送する際にも中身が他人には分からないように梱包することができるため、人知れず気になる健康状態をチェックすることができます。






血液検査キットのデメリット

血液検査キットのデメリット

血液検査キットは検査内容によっては学校や会社など、毎年受けている健康診断と検査項目が重複する場合があります。健康に気を使うことは大切ですが、頻繁に検査を受ければ良いというわけではなく、多くの病気は学校や会社のように年に1回の検査で大抵のリスクを回避することができます。検査項目が重複している場合はお金が無駄になってしまうため、できるだけ学校や会社で受けている健康診断の項目と照らし合わせ、それだけでは検査できない病気や項目の検査キットを購入するようにしましょう。

 

血液検査キットは医療従事経験のない方でも簡単に採血が行えるような設計になっていますが、指を台にしっかりと固定する必要があるため手の不自由な方にとっては採血が困難である可能性もあります。
また、正しい検査結果を得るためには血液と血漿をしっかりと分離し、採血した血液がもれないようにしっかりと密封する必要もあります。そのため指先が不自由な方で、介助を頼める人がいない場合は密封がうまくいかず、正確な検査結果を得られないこともあります。