ピロリ菌と除菌

MENU

ピロリ菌とは

ピロリ菌は胃の粘膜に生息する最近の一種です。胃の中には口にした食べ物消化吸収するため、本来細菌もすみつけない程強力な酸で満たされています。しかし、ピロリ菌は非常に丈夫な菌で、胃酸の中でも問題なく生き続けます。
また、ピロリ菌は一度感染すると除菌をしない限り永遠に胃の中で増殖し続けるとされています。ピロリ菌は多くの場合子供の頃に感染するとされています。ピロリ菌は感染したばかりの頃は自覚症状がないことがほとんどですが、一度ピロリ菌に感染してしまうと治療を受けるまで胃炎が続きます。

 

胃の様々な疾患の原因となる

ピロリ菌に感染した胃は炎症を起こし、その範囲はどんどんと広がっていきます。放っておくと慢性的な胃炎となり、さらにそれが進行すると胃潰瘍や胃がんなど危険な病気を発症する原因となってしまいます。
前述のようにピロリ菌は除菌を行うまで根本的な治療は不可能のため、早期発見が何よりも大切です。

 

食事するこども

胃もたれやむかつき、吐き気などの胃の不快感や違和感が長く続く場合は一度ピロリ菌の検査をしてみるといいでしょう。ピロリ菌の除菌は服薬によって行うことができます。症状が重症化していない限り、入院等の必要もありませんのでやはり症状が軽いうちの病院を受診することが大切になります。
また、ピロリ菌は母子感染が多いことが特徴です。そのため妊娠を望む女性は妊娠前や出産前にピロリ菌に感染していないかどうか検査すると良いですね。






ピロリ菌の検査方法

検査

ピロリ菌に感染している場合、体内ではピロリ菌に対する抗体がつくられます。血液検査では血中にあるその抗体量を検査し、ピロリ菌に感染しているかどうかをチェックしていきます。

 

ピロリ菌は赤ちゃんの頃に感染しやすいとされており、戦後間もなくまだ衛生環境が整っていない時代に生まれた現在50歳以上の方々はピロリ菌の感染リスクが高い世代であるとされています。その感染率は実に8割以上とされており、現在50代以上の方は検査キットを用いて感染の有無を調べてみることがおすすめです。また、ピロリ菌ははじめのうち通常の胃の不快感と変わらず、自覚症状がないことがほとんどですが放っておくと胃の恐ろしい病気を引き起こす原因となってしまいます。普段から食生活が乱れ気味であったり、ストレスがたまっている方はそれが原因で胃があれているのだと自己判断してしまいがちですが、胃の違和感が長期間続く場合、今まで一度もピロリ菌検査を受けたことのない場合はぜひ検査をしてみてください。