血液検査キットを使った採血の手順

MENU

採血の手順

血液検査キットでは採血後、専門の分析機関に採血した血液を送付し、ご自宅に検査結果が返送されてくるのを待つ形となります。
そのためまずは検査申込み用紙(必要であれば問診票も)に必要事項を記入していきます。

 

また、検査項目によっては直近の食事・飲酒・睡眠時間等に関わってくる場合がありますので、採血の前に体調を整えておくようにしましょう。

 

準備

チェック

検査申込み用紙に記入が終わったら、針のキャップを外しボトルをセットしていきます。採血の前後に使用する消毒液やコットン、バンソウコウ等はあらかじめ用意しておきましょう。

 

採血をする前に血行をよくするためによく手をマッサージしておきましょう。目安としては、手が少し暖かく感じる程度です。

 

検査キットにおける採決は指の腹に針を刺して行いますので、採血に使用する指は特に重点的にマッサージすると良いでしょう。また、この時、手を心臓より下の位置に持っていくようにして下さい。

 

続いて、採血を行う指先を消毒液でよく消毒します。一連の手順をスムーズに行うために、採血を行う手は利き手とは逆の手の中指がおすすめです。

 

採血

採血

手を振り、指先に付着した消毒液のアルコール成分を飛ばしたら指先をテーブルなど、安定する台の上に置いて針を刺していきます。カチっと音がするまで押し付け、すぐに針を離します。(ボトルに付属している吸引部を指先に付着させたまま、針を指先から抜くようなイメージで行って下さい)

 

続いて針を刺した部分から血液を押し出すようにして、できるだけ多くの血液を搾り出します。十分な量の血液が出たら、吸引部(チップ)をボトルの中に落とし、キャップをはめます。針を刺した指にはバンソウコウをはるなどして速やかに止血しましょう。

 

血漿を採取する

付属の溶液と血液を十分に混ぜ、付属のシリンダーを用いて血液をろ過し、血漿を分離させます。

 

返送

密閉キャップでふたをし、血液を採血したボトルと使用済みのキット、申込書を同梱し返信用封筒に入れて指定の住所へ返送します。この時、採血した血液を長時間放置することのないようにしましょう。

 






器具の説明

  • 針(ランセット)
  • 採血を行うために指先をほんの少し傷つけます。

  • 吸引器
  • しぼり出した血液を吸引するために用います。

  • シリンダー
  • 血液を分離し、検査に必要な血漿を得るために用います。

  • 密閉キャップ
  • 分離した血液と血漿をよく密閉するために用います。

  • 溶液
  • 血液から血漿を素早く分離する働きをします。